読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パチンコで学んだ人間関係

 

パチンコで勝ち続ける上で何が大変かって言ったら

 

一番は精神的な苦痛であると断言できます。

 

軍資金があまりない活動始めの時期であれば

 

金銭的な苦痛もあるとは思いますが、勝てるようになると

 

まず間違いなく精神的にきつくなると断言できますね。

 

でもこれはパチンコだけに限らずすべての仕事で共通することでは

 

ないかと考えているわけです。

 

サラリーマンであれば会社に捕らわれた毎日から来る精神的苦痛

 

開業している方であれば事業がうまくいかない、金銭的に苦しい

 

ではこれが月1000万円稼げれば?

 

年収1億とか、総資産20億円とかお金に困っていない方であれば?

 

僕はそんな状態になった事がありませんので分かりませんが

 

どこかで精神的な疲労はしているのではないかと考えています。

 

それがない事。それは本当の意味での自由であり

 

人間として生きている事からの解放なんじゃないかなー

 

つまり死ぬということ

 

死ねば自由だし迷う事ないし困る事もないよね

 

泣く人や困る人、苦労やそれによって悲しませる人はたくさんでくるけど

 

でもその流れが人間であるって証明なんだって僕は思う。

 

赤ちゃんは1人では生きていけないから精一杯の大きな声でないて

 

その愛くるしさから母性本能をくすぐらせ育たせてるように生まれてくるわけだ

 

大人になると、我慢や苦しいこともたくさんあって泣きたいときや

 

辛い時だってぐっと堪えないといけないと勘違いしている

 

僕はいつだって弱音をはくし、愚痴や泣いたりもする。

 

でもそれは父ちゃんの前だけであって他の人の前ではクールビューティーを

 

きどっていてよく「なに考えてるかわかんない」と言われ

 

ろくに友達も作れないし、どうやったら仲良くなるかもわすれちゃった

 

周りの人が僕に何をもとめているのか、どうしてほしいのか

 

分かんないこともたくさんあんだけど、僕が彼らに何も求めてないから

 

きっと彼らも僕に何も求めてないんじゃないかと思う

 

僕は1人じゃ満足に何もできないくせに人への頼り方がわからなくなってる

 

人に頼られるってどういうこと?僕と君との関係はパチンコだけであったの?

 

人生って本当にめんどくさい

 

僕自身は周りと一緒に楽しむのが大好きでパチンコで5人で100万近く

 

あげた時には全部僕持ちで打ち上げしたり

 

月50~60万稼いでいた時には毎月、東京、福岡、大阪にも

 

行ったりしていてそのころはパチンコする事はそんなに苦

 

じゃなかったんだけど、引き寄せの法則っていうの?

 

良い感情が集まっているところには裏じゃないけど

 

マイナスの感情の塊みたいのがばしばしくるわけ

 

それを乗り切っても乗り切っても一向にやまない

 

ふと気がつくといつの間にか1人でしたって感じ

 

良い時にはとびついてくるクセ、ちょっと傾いたり

 

不信になりだした途端、人って本当に寄り付かなくなるんだよね

 

小さい頃の経験からわかっていたつもりだったんだけど

 

この年になってわかるのはもう絶対に寄せ付けない

 

断固としてはじき返すね

 

見返りは求めてないさ別に

 

たださ、人生の救世主みたいな人は本当にいなくて

 

辛い時、きつい時はいつだって誰も助けてくれない。

 

甘えちゃいけない、男だもの、経営者だもの、異端児だもの

 

1人にはなれっこさ。

 

だからさ、我慢なんかしちゃいけないないんだよな

 

我慢してたってマイナスのとこにはプラスってよってこないから

 

プラスになんないと

 

今日はあいつにきちんと今後について話しあう。

 

でないとつぶれてしまうわ、事業が。

 

とか考えている日に限って帰ってこなかったりな

 

最近読んだ本で「良い事は起こすんだ」ってのがあった

 

起きるんじゃなくて起こすんだなんだよな

 

たとえば先日IQOSが届いたんだけどそれだって

 

予約したから良い事としておきたわけでしょ?

 

後は記事を読んでくれているいる方なら無事に家に帰れたから

 

ここでめぐりあえたわけですよ。

 

良い事は起きるんじゃなくて起こす。

 

それにはどんな些細な物事も捉え方次第で良い事になる

 

そうすれば毎日気楽になれるってもんさ

 

じゃねーとやってけねーよ、パチンコしかり経営なんて

 

人間関係?知らん

 

俺もあなたも同じ人間だ、言いたい事は我慢せず言え

 

ただ子供じゃねーんだ。ちゃんと自分と相手の関係性を

 

見つめなおし自分に非はないのか、相手の非はどこなのか

 

考えて物事は言うべきだ、じゃないとそれは単なる弱いものいじめ

 

となんら変わらない。社会的立場なんてあってないようなもん

 

会社という枠組、学校という枠組をはずれれば僕らはみんな一個人でしかない

 

大丈夫さ、我慢なんて本当に良い事ないから

 

(おもに自分にとってはだけど)

 

自分をみつめなおして

こんにちは!

更新が遅れてしまい申し訳ありません。

 

何から話すべきか、現在僕はあるお店を友人と開業しそちらに専念している

ところなのですが、いかんせん、起業しようものなら

必ずいるのがお金なんですよね。それは当り前のことで、

資金集めに関しては投資、融資、自己調達さまざまな選択肢がありますよね、

 

それで僕たちが始めるうえで取った形と言うのが自己調達。

 

つまり、自分たちの持ちうるお金のみで始めました。

 

お店と言ってもほんとに小さなお店でなお且つ自分たちの甘さもあり、

思いのほか出費が重なりました、

 

このぐらいあればいけるでしょ!

と、思っていたのがいざ始めるとやれ、これだあれだとお金ってかかるわけです。

きちんと事業計画書を書き、やっていけばよかったのかもしれませんが

そんなのは終わった話しなのでどうしようもないんですね。

 

そしてなぜ今になってこんな話をするのかといったらお客さんがこないから(笑)

 

なかなか笑えないくらい来ないもんで予定していたものより

全然来てくれません。

 

また、同じ場所で新しく始めてみたい事業もありさらに費用はかかりそう

なんですよね。

 

お金ってほんとあればあるだけいりますね。

 

ってことで資金がいるわけですよ!

 

僕のできること。

  • パチンコ、パチスロ歴7年(内プロとしての活動2年半)
  • ネットビジネス挑戦中
  • さえないブログ更新

 

 

はい、こんなもんです。しょうもないんですよねー

自分でできる事って大した事ないってよくわかります。

さらにお金に繋がるようなことってパチンコぐらいしか

できないのが現状です。

 

そして自分は人づきあいってのが苦手で

知人を増やすってのをしてこなかったものですから周りにいる人

ってのはほとんど自分とできる事は変わらない人ばかりです。

 

そんなどうしようーーって頭抱えてた時、大阪でフリーランス(CGを扱えるすごいやつ)している友人から電話がきまして、

 

「お前はパチンコで食っていけてたんやろ?俺からしたらお前がそれを

やめた意味もわからんし、人に言いたくないってのもわからん

もっと自分ほめてやったら?自分の力で稼いでいくってすごいことやろが!」

 

と長々説教をうけまして、目が覚めました。

 

僕は自分がパチプロをしている事、それで収益を上げて生活している事に

後ろめたさがあり、周りには隠していました。

 

なんでかって言ったら、やっている事ってホント単純な作業であるし

ハイエナしている時なんか人がわっせわっせ積み上げた負の塊を

ばかみたいに

「やほーー、うますぎ」とか内心思いながら喜んで飛びつくわけですよ。

 

そんなんはたから見たら 

「なにあいつ、まじむかつくんだけど」

 

ってなるわけでそれで何度か喧嘩を吹っ掛けられた事もあり、

ハイエナをしている自分が心底嫌になり

設定狙い→パチンコ

って変わるわけですけど、パチンコ?ばかじゃねーのwww

って思われるのが嫌だっただけだったんですね。

 

そうやって、実際に起業して自分で稼いでいる人からしたら

確かに形はどんなんであれ稼いでいるってことはすごいことなのかもしれない

って思いはじめました。

それは実際に自分達が始めたお店が知名度ないってのはもちろん、

それでもある程度は広告出しても売上につながらない、

くるのは営業の電話ばかりでお金を稼ぐ難しさを再確認したから

なのかも知れません。

 

実際に稼いでいた自分をほめてやり、ゆるしてやる事で

今自分ができることを改めて見つめなおす事。

 

といことで長々話したのですがこのブログ、

パチンコ、パチスロを辞めるためのブログだったのですが

形を一新にして

 

パチンコ、パチスロで稼ぐという方向性に変えていこうと

おもっています。

 

今まで読んでくれた方、また参考にしてくれた方には

本当に申し訳ないのですが、こちらのブログ

パチスロで稼ぐブログに姿を変えていきます。

 

 

実際に僕が辞めるまで至った経緯を読みたい方がたくさん

いてくれるのなら、そちらの記事も更新していきますので

今後もよろしくおねがいします。

 

 

パチンコ、パチスロを辞めるために⑥

こんにちは。

 

昨日、書きましたジャグラーを打つ際に気を使うべきところの

ポイントとしました場所、

 

有名なサイトなんかではとっくに記載されている事ばかりなのですが、

今さらこんな小さいブログで取り上げたとことで

分かり切っている事ばかりでしょう。

 

僕のブログではパチンコを辞めるために、パチンコを

嫌いになる方法を手探りで書いているので

 

読んで下さる方々がどんな記事だったらパチンコを

嫌いになれるかなと日々考えながら書いています。

 

どうか暖かい目でご覧になって下さい(_ _ ;)

 

また有料うさんくさい情報商材なんかを

すすめる気もないのでご安心ください。

 

そんな当ブログですが、これからもよろしくお願いします。

 

 

ジャグラーついてまたまた書いていきます。

 

ジャグラーなのですがスロットをする方のほとんどが

1度はさわった事のある機種ですね。

 

そんな誰でも打った事があるであろうジャグラー

目押しをする人がほとんどいないんですよね。

 

僕にはなんでなのか分からないんですが、

単にめんどくさいのか、時間短縮なのか

わからないんですが、目押しをしなくても子役がそろう事もあるのですが

 

ジャグラーの目押しをしないというだけで

それだけで1日打つのであれば5000は損をすることになりますよ

 

AT機、ART機の打ち方やDDT打法は調べて実践するのですから

ジャグラーに関しても絶対にした方がいいと思います。

 

今回はマイジャグラー2を例に取り上げますが

 

この機種のブドウは目押し不要でそろいますが、

チェリー、ピエロ、ベルは目押しが必要になります。

 

例えば8000回転この機種を回すとします。

丸1日同じ台を打たないかぎりこのようなことのはならないですが

 

まずチェリー、この回転数での

予想獲得回数は大体220回~240回です。

チェリーの払い出しは2枚のため

440枚~480枚ですね。ですが目押しをしなくても揃うことも

あると思うので、その場合半分の110回~120回とすると

220枚~240枚の損が生まれます。

 

また、これにプラスピエロ、ベル

これは大体すべてとれれば10~20回とれます

 

これらの払い出しは15枚

そしてまぐれぞろいが1日に3回~5回あったとしても

10回以上分150枚以上とりこぼすことになります。

 

合計すると

370枚~400枚もしくはそれ以上のメダルが損している事になります。

 

期待値稼働をしている方ならわかると思うのですが

これってかなりの痛手なんですよね。

 

なんだったら、期待値稼働をしてもこれだけの期待値を積むことは

すごく難しいです。

 

これだけの損を大概のジャグラー患者達は

どぶにすてているんですねー

 

めちゃめちゃもったいないし、例え1回の実践でこれだけの回転数

こなさなかったとしてもトータルで回すと考えれば

非常に勿体ない数字です、

 

昨日に続いてジャグラー実践される方は是非

こちらも意識してください!

 

パチンコ屋に寄付なんてしないでくださいね!

 

パチンコで勝つ続けるためにはこういった細かい

事ができていかないと

設定うんでなくてもテクニックなんかあったって

難しいですよ!!

 

パチンコ、パチスロを辞めるために⑤

皆様、こんにちは。

 

パチンコライフ楽しんでいますか?

もうゴールデンウィークが始まるのでパチンコ店の

設定は辛いのが激辛になる時期ですね(笑)

そんな設定狙いの神様とも僕が思っているAタイプの

パチスロ機。

僕はパチスロをしている時は特にHANABIが好きで

よく打っていましたし、店の設定状況も良かったので

楽しんで打てていました。皆さんもパチスロ打つ時に

Aタイプ打ちますか?

はまる人は凄いはまると思うんですよね。

ちなみに僕のHANABIの好きなポイントは

リプレイ演出なしからのドンビック、

遅れから中押しドン狙い、一確目が好きですね。

 

ということで今日はジャグラーのお話にします。

 

ジャグラーと言えばさまざまなオカルト打法がありますが、

皆さん信じてます?

 

んなのはあるわけないんですよね、、

そして前の記事でも話したように、その台の挙動よりも

大事なのがそこのお店が設定を入れる根拠がないと

かなり難しい台でもあります。

 

例えばものすごくその日は調子がよく設定6の挙動を

大きく上回るデータが出ているとしても

はたして本当にその台は高設定なのか疑わないといけないです。

 

僕もパチスロ専業になりだした頃はジャグラーでぼこぼこに

やられている経験が何度もあるので、データはあまり

あてにしていませんでした。

 

むしろ、怪しい挙動の台がどういう日にどういう台でおきているのか

それを自分がその怪しい日に実際に打ってみて、好感触なのかも大事ですね。

 

特に店側が設定を使わないであろう、ハイスペックジャグラー

言われるシリーズは6を積れればほぼ負けないですが

その分まあ設定は入らないですね。

 

例えば4000回転ビッグ20レギュラー18といった高設定ぽい

挙動のジャグラーを拾った事も何度もありますが

勝率は半々と言ったところです、

 

単純に低設定がそれまであばれていたのか、中間設定だったのか

高設定の引き負けなのか、

 

そこで設定狙いの精度を上げてくれるのが

子役カウンターですね!

 

これには何度もお世話になっていて、

嫌がらせで盗まれたこともあります。

 

台の挙動、そして店が設定を使うのか、そして

その時の子役、単独ボーナスはどうかといったことに

注意しつつ打つと低設定を打つ可能性が減り、

その分期待値を上澄みできることに繋がります。

 

高設定はつかめなくても、低設定を打たない、

勘違いしない。

 

 

これに気をつけてジャグラー実践してみてください!

勝率必ずあがっていきますよ!

 

 

 

パチンコ、パチスロをやめるために④

皆様、こんにちは!

 

前回の続きをお話していきます。

 

パチンコで期待値を貯めていくために僕がやっていたのは

2人で台を打つというのを話しました。

 

この話でやっている事は結局、軍団の人たちとやっている事は変わらないんですよね笑

 

今日お話することは、期待値を貯めていく上で大事な数をこなすという

お話をしていきます。

 

パチンコやパチスロをギャンブルと考えないで打つ上で大事な事は

一回一回、もしくは1日2日の勝ち負けで考えないという事です。

 

例えばパチンコで大勝をしてその夜、飲み会の費用に使う

とか、ちょっと欲しかった物を買うなど

こういう事があるのでパチンコなどのギャンブルがやめられなく要因の一つ

と僕は考えています。

 

同じように大勝して、そのおかげで好きな台を打てる

ようになった、とかパチンコにいける回数が増えたわー

のような使い方の人もいます。

 

この二つは違うようでも、結局同じくらいギャンブル中毒だと言えます。

 

最初の例の場合、臨時収入と考え自分の好きなものを買う浪費ぐせは

1回その味を覚えてしまうと快感となりパチンコで勝てばあれができる!

これが買えるの考えに陥りがちです。

 

次の例、これは同じ浪費でも、自分の打ちたい台を打つ為の費用に

その勝ったお金を使うということはパチンコを打ちたくて打ちたくて

たまらない人などがこのような使い方をします。

 

どちらの例もギャンブルで勝つ味を占めているという意味で

物に変える、パチンコに使う

結局どちらもいつまでも抜け出せなくなる考え方です。

 

ここから抜け出す。

そのためには、たまに勝てるから面白い

という考えを

 

勝って当たり前、負けるなんて考えられないしそんな台打ちたくない

 

となりまして

 

人によってはここから僕のように

勝って当たり前をやり続けることの大変さ、めんどくささ

が自分のなかで上回れれば自然とパチンコ屋に行きたくなくなります。

 

最初に戻りましてそのような考えになる前提として

1回1回の結果にとらわれてはいけません。

 

もっと長い1月、3ヶ月、半年と期間が長ければ長いほど

おもしろいように結果がついてきて、この辺になれば

パチンコ、パチスロなんてギャンブルじゃないわとなれます。

 

半年間やっていても結果が出てこないと言う人も中にはいます。

僕の知り合いにも1人にさせた途端勝てなくなった。

と言う人もいます。

 

しかし、僕が見てきた中でそのような事を言う人は

大概、期待値のはき違いでプラスだからいいやとか、

自分の収支をこまめみチェックしていなかったり、

全く違うところ(浪費や消費)の出費額の方が

ぱちんこで稼ぐ金額より多いということがほとんどです。

 

期待値は大きければ大きいほど収支が安定してきます。

パチンコで言う日当3万コースをスロットで貯めるとなれば

 

期待値3000円越えの台を1日で10台

1000円ならば30台とかなりの数こなさなければなりません。

 

ちなみに設定狙いで機械割110%の台を打てるなら

8000ゲーム回した時2400枚です。

 

機械割105%なら1200枚です。

 

大体この機械割105%は中間設定に多いためプロの人たちは

なるべくこのあたりのだいを狙わないようにしているわけです。

 

8000ゲーム、およそ1日での1200枚など

今のAT,ART機なら1撃で出せてしまうものです。

それでそのような枚数の期待値しかないという事は、

その分、プレミアムフラグを引くといったところに割を持っていかれてる。

もしくは、通常状態がすごくのみこまれるということです。

 

 

ここ最近で出てきている新基準機は天井性能に機械割が持っていかれることが

できなくなっているため、天井恩恵が前と比べると物足りない仕様になっています。

 

また1回での獲得枚数が3000枚を超える事のないような仕様にもなっていて、

ART自体の性能もめちゃめちゃきついものとなっています。

 

そして機械割も今出ている最新機種のほとんどが

1番上で110~112% 4,5の設定で102~106%

と機械割が大幅に少なくなっています。

 

そのくせ一番下などの機会割は前の台とほとんど差がないんです。

 

つまり6を積もっても大勝することは難しいくせに

1をつかまされると負ける金額はそんなに変わらないということです!

 

僕も新基準の台何台も打ってきましたが、

その中で最高設定を打てる機会もたくさんありました。

 

しかし出玉が増えていく感じが全然しない台がほとんどで

なにか一発起こさないと1000枚の壁すら越えるのがむずかしい。

 

しかし設定差の大きいところはCZ確率

 

ここで引き負けると平気で負けます。

 

えーえーえー

 

ですが1回1回ではないと言いましたように

これを繰り返せれば必ず結果はでてきます。

 

打つのであれば必ず1日で2万の期待値を超えるような台を打つこと

 

これを続けることができれば勝てます!

頑張りましょう!!

 

あとはほんとにやめたいと思っている方

まずは当たり前に勝てる喜びを知ってください。

負けて負けて借金ができたけどパチンコがやめれない

 

パチンコで勝って嫌いになって下さい。

ビギナーの人なんかそうでしょう?

勝てるくせに大きく喜ぶ人は少ないし、

1回限りでもう行かなくなる人だっています。

 

その感覚はパチンコで勝つのが当たり前になれれば

勝ったからと言って大きく喜ぶことは少ないし、

嫌いにだってなれます。

 

 後は自分のやる気、そして忍耐ですね。

これが一番大事です。

やる気になれれば大丈夫です!その気持ちを大事にそして

継続して持てるようになれれば、皆さんも養分ではなくなれます。

 

以上 

ありがとうございました!

パチンコ、パチスロをやめるために③

皆様、こんにちは。

 

パチンコをやめてから全くパチンコに対して情報を得なくなったので

最近の新台の仕組みがよくわかっていないんですよね。

 

新基準ができてから出玉の制限や、パチスロに関しては純増の制限も設けられて

かなりきつい仕様の台が多い気がしています。

 

前回の記事で「期待値」や「店のクセ」を掴むことで

パチンコはギャンブルではなくなるというお話をしました。

 

今回はその続きというわけではないですが、

関連があるので続きとしてお話します。

 

皆様はパチンコ派ですか? パチスロ派ですか?

 

僕はパチンコで生活していた頃で月に30万ぐらいあがるように

なった当初は完全にパチスロのみでした。

 

主な稼働内容としては、設定狙いが月に6~8回

ハイエナメインの期待値稼働を残りにあてて

大体、月に28日くらいはパチンコ店に行っていました。

 

期待値稼働を始めた時期が2014年の中頃

去年いっぱいまでしていました。

 

去年はパチンコでも結果が残せるようになって

最終的にパチンコ、パチスロ半々の稼働状況でした。

 

今では、期待値計算をしてくれる大型サイトがたくさんあるので

わざわざ自己算出する必要もなく簡単にわかります。

 

期待値稼働をしていけばわかるのですが、

どんな人がハイエナで、どんな人が設定狙いをしているのか

1日を通して見ていくと、サイトがスマホで簡単に見れるので

僕がやめる当初もものすごく多かったです。

 

ライバルが非常に多く、なお且つ出玉にも期待できない

状況が続いて収益も落ちてきてどうしようか。

という時に、知り合いのパチプロさんからパチンコ稼働でも

勝てるという事を教わり、パチンコも打つようになりました。

 

今、思えばもう少し早くパチンコ稼働を覚えていれば

収益は2倍~3倍には間違いなくなっていたと思います。

(MAXがまだ撤去されていないころ)

 

自分が妥協やパチスロだけの収益に満足してしまっていた為

パチンコは全然意識していなかったし、

安定性に欠けると思っていたので全然候補になかったです。

 

 

皆さんは、パチンコこそギャンブルだと思っていませんか?

 

ですがパチンコほどパチスロより早く期待値が出てしまうんですよ。

これがわかってからはイベント日の台取り戦争や

ハイエナ戦争をせずに期待値を確実に積んでいけるようになりました。

 

そんなパチンコの期待値、どんなものかというと

僕は完全にボーダー理論を押します。

 

ホルコンや遠隔操作が疑われがちなパチンコのため

パチスロ専業の人は打たない人もいるんですが

 

ボーダー理論と止め打ち。

 

これだけやってもちゃんと結果は残せましたし、なんなら

パチスロより期待値を詰めました。

 

 

では、このボーダー。

ちゃんと把握できているでしょうか?

 

パチンコの期待値計算に必要なのは

まずは回転数(ここだけでボーダーだと思われる方がいるのですが違います)

 

そしてトータル確率、大当たり平均出玉。

最後に換金率ですね。これだけあれば大体の日当期待値が出せてしまうため

すごく簡単なんですよね。

 

まずトータル確率なんですがこれは台ごとに異なります。

そもそもトータル確率は

「大当たり1回分の出玉を得るためにいる回転数」のことで

簡単な計算方法として

  初当たり確率 ÷ 出玉あり平均連チャン数 

で出すことができます。

 

ですが現在のパチンコは出玉なしのラウンドがある台も多く

自分で計算するのは面倒だったので僕はよく信頼するサイトの

トータル確率を参考にさせてもらっていました。

 

このトータル確率と大当たり平均出玉と回転数

 

これだけあれば皆さんも勝てます。

 

よく幸運をよぶブレスレットなんかや胡散臭いコンテンツを買う

なんてことしなくてもできます。

 

例えば

初当たり確率 1/300

平均連チャン 3回

一回の大当たり出玉 1500発

の台があります。

この台のトータル確率は 300÷3=100 です

大当たり1回分の出玉を得るために必要な回転数が100ということです。

 

では1玉3.6円交換のお店であるとして

1回の大当たり出玉 1500発というのは

3.6 × 1500 = 5400円になります。

 

大当たり1回分の出玉を得るために必要な回転数が100回転で

その出玉は1500発(5400円)ということは

1000円(今後1Kとかきます)で

100 ÷ 5.4 =18.52 回転すれば

プラスマイナスゼロというボーダーになります。

 

はい。これが簡単なボーダー理論なんです。

回転数だけではだめで、トータル確率と一回当たりの平均出玉があって

はじめてこのボーダー理論が機能してきます。

 

この1回の平均出玉はかなり大事で1日を通して打つとなると

大きな差が出てくる部分です。

 

これを少しでも多くするためにネットによくある

捻り打ちであったり止め打ちなどの変則打ちがあるわけです。

 

捻り打ちとなるとかなりシビアな部分なので省きますが

止め打ち、いわゆるおやじ打ちをやめて止めるところは止めるという

打ち方でも大丈夫です。

 

すこしでも無駄な玉の消費をおさえて平均出玉を減らさない、

増やせるのであれば増やす、という事を意識してください。

 

では実際どうやって僕がパチンコで今のを実践していたのか

書きます。

 

打つ前に大切なこと

前回の記事でも書いたように根拠のない台は打たない

 

これを元に僕は確実にプラス調整になる日、台を調べて

その当日実践します。

 

例として1/199の台を打つことにします。

最初に必要になるのが回転数

僕は5Kに1度データを取っていました。

 

次にサイトから得たトータル確率からボーダーを出します

 

この時、平均獲得ラウンド、平均獲得出玉、1ラウンド当たりのトータル確率

これがわかるサイトのデータを参考にするといいです。

(平均獲得出玉を平均獲得ラウンドでわります)

 

例えば

平均獲得出玉 2819.8発(一回の大当たりで)

平均獲得ラウンド 22.38ラウンド

 

2819.8 ÷ 22.38 = 126

 

これは1ラウンド当たりの獲得出玉になります。

 

1ラウンド当たりのトータル確率は検索すればでてきます。

 

今回の台は8です(トータル確率に関して詳しく知りたい方は

1ラウンド当たりのトータル確率 で検索をかけてみてください)

 

先ほどの126発は1玉3.6円交換で計算をすると

453.6円で0.4536Kです。

 

ここから

 

8 ÷ 0.4536 = 17.64 これがこの台のボーダーになります。

*今回はこの台がボーダー通り17.64回転/1K回るとします

 

(平均出玉÷大当たり確率)ー(250 ÷ 回転数)× 換金率

 

これで台の回転単価をだすことができます。

 

例で言うと

 

(2819.8÷199)- (250÷17.64)×3.6=約0です

 

ではボーダーより2回転多く回ると回転単価は5.2円になります。

 

これは1回転あたり5.2円のプラスになりますということです。

 

パチンコで安定して勝つためには日当3万円を超える台を打つことなのですが

なかなかそのクラスの台を打つことは難しいです。

 

台により多少ぶれるんですが大体1時間で回せる回転数が150~170

1日でフル稼働で1500~1800です(時短、確変をのぞく)

それではさきほどの5.2円で1日どのくらいの

期待値があるのかというと1万円にもなりません。

丸1日打ってこれでも収支の安定は難しいです。かなりぶれます。

最低でも2万円~の台を打たない経験上荒れます。

 

この台で2万となるとボーダープラス7回転くらいになります。

たいへんでしょ?

 

もしくは獲得平均出玉を増やすという手段もあります。

 

パチンコはこれをくりかえして期待値を貯めていきます。

もちろん僕がやっていた当初もそんなお宝台に座ることは

めったにできませんでした。

 

僕がやったのは日当15000円~の台を2人で打つ。

そして回転数を積むことで収支を安定させるものでした。

 

もちろん回転単価の計算や期待値計算などは僕がしていたため

ストレスは半端なくたまっていきました。

 

その分収支は安定してくれていたのですが

丸1日ひたすらぱちんこを打つという事に嫌気がさしてきたわけです。

 

ボーダーを出して、回転数をはかって、トータル確率などから期待値を割り出し

大体の予想収支を出し終わったらひたすら打つ。

 

そしてゆううつになる。

 

はっきり言うとパチンコはこれができればまじで勝てます。

スロより簡単です。(計算をできさえすれば)

なんてたってライバルが少ないから。(スロットにくらべ)

 

やるのはスロよりまじきちーです。

投資がえぐいことになったりもします。

 

今の現状を考えればこちらの方が台が打てるという意味ではすごく楽かもしれませんね。

 

他にも書きたい事が抜けているので明日の記事にて投稿します!

 

以上

パチンコ、パチスロをやめるために③でした

 

タイトルと内容が全く違うものですいません

 

 

 

 

パチンコ、パチスロをやめるために②

皆様、こんにちは。

 

記事の更新が遅くなってしまって申し訳ありません。

 

今回はパチンコ、パチスロをやめるために②ですが

前回はまずはパチンコ店に勝てるようになること、

会員カードを使う事で、換金ギャップをなくす、という事をお話しました。

 

今回は

パチンコ、パチスロに関わる情報収集の方向性を変える

をお話します。

 

僕の話は自分の経験談からのパチンコ、パチスロが辞めれるようになった

ことを話すのでこれを読んだからといって全員辞められるとは限りません。

ですが、必ずタメにはなる情報を記事にしますので参考にしてもらって

これからのパチンコライフを送ってもらえたらと思います。

 

では、さっそく行きたいと思います。

まず、皆様がパチンコ、パチスロも情報を得る時どのようにして

どういった情報を得ているでしょうか?

 

コンビニや本屋に売っているような攻略情報雑誌や

もしくはネットで「○○○ 打ち方」で検索をかけてはいませんか?

 

はっきり言うとパチンコ、パチスロで勝つためにこのような情報は

いりません。

 

本当に必要な情報は「期待値」

あとは「自分のよくいくパチンコ店のクセ」

 

そして一番大切なのは「根拠のある台以外は打たない」です。

 

そうです。打たなければ負けないんで打たないのが一番勝率を

あげる方法です。

 

僕がパチンコをやめられた大きな要因の一つがこの「期待値」です。

これを知ってしまったら、自分で計算できるようになったら

「パチンコ、パチスロってこんなにめんどくさくて、おもしろくないんだ」

という風にじょじょに嫌いになり離脱することができました。

 

パチンコ、パチスロを辞めようと思っている方は

本当の意味でのパチンコ、パチスロを嫌いにならないとやめられませんよ!

 

僕はパチンコ、パチスロは勝てる、だけど「おもしろくない、めんどくさい」

という風に嫌いな部分が多すぎて辞められました。

 

ここの部分は人により違った意見が出ると思うので

辞められるかどうかは自分次第ですが

まずはパチンコ、パチスロを知らないといけません。

 

パチンコ、パチスロを知るには負け方と勝ち方を知らないといけません。

負け方は皆さんも知っているでしょう?

パチンコを打てば大概負けるんです。期待値が取れていないから。
期待値がある台を打っても負けます。試行回数が少ないから。
高設定を掴んでも負けることもあります。相手は機械なのですから。

 

パチンコ、パチスロで勝つためには期待値のある台を

とにかく打ち続けることです。

 

試行回数を重ねれば必ず勝てるようにできています。

軍団打ちやグループ打ちなど打ち子を使うのは試行回数を増やすためです。

 

ハイエナに関してもそうです。

勝ち方を分かっている人はわざわざ負ける台を打たないから

うろうろして期待値のある台をさがしているんです。

 

ハイエナ、グループ打ちなんかはパチンコ店で見かけると

ものすごく不快な気分になるものですよね。

しかし、そういった行為をするからこそパチンコは勝てるんです。

 

僕なんかも、パチンコをしていた頃はハイエナをしていました。

ですが、ハイエナをするということに嫌気が指した部分もあり

パチンコを辞めました。

 

ハイエナというのは簡単そうに見えて

見たまんま、ものすごく簡単です。

いかんせん、打たなければいいのですから。

 

期待値が出るまで待つ→打つ→待つ

の繰り返しです。

 

設定狙い、ハイエナ

このふたつを重点的に実践し続ければ結果はついてきます。

 

ですが、どうでしょう?

軍団やハイエナライバルがたくさん今いる現状のパチンコ店で

個人が結果を出すことは非常に難しいです。

 

さらに拍車をかけるように”新基準”の台が量産されていて

時間効率、1台当たりの期待値はものすごく悪いです。

 

そんな今からハイエナを始める事はおすすめしません。

今からパチンコで安定的に勝つならば、

高設定台を打つ、パチンコであれば日当2万を超える台を打つことを

おすすめします。

 

しかしこのふたつ

一番きついの回転数です!

 

パチスロならば9000回転

パチンコであれば通常1500回転は回さないと

 

収支が安定してきません。

 

 

 

そろそろなくなると言われている

バジリスク絆は最高設定の6を打つことができればほぼほぼ負けることは

ないと言われています。

この台、

6の機会割は119%

これは1回転回せば10円の期待値があるという事です。

1時間で回せる回転数はおよそ850~900(フル回転です)

時給でいったら8500円~9000円あるという事です

 

開店10時の閉店11時のお店であれば約13時間回せます。

日当で12万円くらいの計算になります。

 

この台のスペックであれば2時間~3時間で6000枚出せてしまいます。

ですがその一撃で辞めると、のちのちに必ず返ってきます。

 

どんなに良い台を打っても出せなかったり、

フリーズなんかの期待値が高いフラグを引いてもしょぼい結果になったりと。

 

それがいつかわからない。そうならない為にもプロの方は

1日通してぶっ通して打ち続ける事をします。

期待値を貯めるという行為ですね。

 

逆にしっかりと期待値を貯める事ができればその恩恵も

ちゃんとついてきてくれます。

何気ない時や、設定狙いではずしても収支はプラスになったりと。

 

この期待値を貯めるということがパチンコ、パチスロで勝てる

ようになる秘訣です!

 

ですがそんな高設定が毎日打てるほどパチンコ店はやさしくありません。

そこで必要になるのが「店のクセ」ですね。

 

これはハイエナするにしても設定狙いするにしても大事なことで

店のクセがわかれば勝てます(笑)

 

例えば旧イベントの日は全体的に来客数が多く、

なおかつプロっぽい人や軍団がいるってなればその店は優良店ですね。

 

プロなんかも打てるほどの台があるってことはそれを自分が打っても

勝てるってことに繋がるからです。

 

そういう店で一番いけないのは、プロが辞めた台を打つことです。

プロが辞めるということは何かしらの根拠があって辞めたということです。

 

それを打つということは低設定ないし中間設定を打つ可能性が高いということなので

勝率UPには繋がりません。(プロも人間なので間違うことはよくあります)

 

そういう設定狙いができる店では

  1. どんな日に(旧イベント日、来店イベント、○日 1○日 2○日など)
  2. どのような台が(新台、島単位、バラエティー、角台、末尾番号台など)
  3. どのくらい(4台中1台、両角台、前台など)

そしてどんな設定なのかをまず調査してみましょう。

 

 

それが何回か続くようであれば狙う価値は十分あります。

 

結果がついてこない、安定してこないという方は

やり方が間違っている(高設定のつもりが低設定を打っている)

試行回数が足りない(回転数が足りない)

という事です。

 

ここで最初に戻って情報雑誌にある

○○のフラグは偶数の方が出やすい

○○の確率は設定1と設定6で6倍の差

 

とかよくあるんですが、これに結構な方が(僕もでしたが)

惑わされて、それを引いただけで高設定打っている気分になっちゃうんですよね。

 

それよりも大事なのはその店がどんな設定を使うのかをよく把握できていたほうが

安心で、両角なら必ず5か6とかわかりやすい設定の店だと

安心して打つことができます。

 

それにプラスアルファで情報雑誌等で得られるものが出てくれば

勝てそうから勝てるに変わり、勝てるから収支がプラスになるになり、

高設定だからぶん回して期待値を貯めるにつながります。

 

店のクセがあっての設定のあるフラグの情報ととらえて、

設定差のあるフラグを引いたから高設定かも知れないは

失敗する原因になりますので、

設定狙いになれるまではそういったポイントアップ要素は

極力、参考程度に。

 

まずは店のくせを見つけてみてください!

 

 

 

パチンコ、パチスロをやめるためにというタイトルなのに

話しが大分違う方向に行っているのですが、本当にいいのか、、、

 

僕はパチンコはギャンブルだからやめられないのだと思っていて

その身実はギャンブル要素少なくして(期待値を貯めるということ)

いけばギャンブルではなくなる。ということがやって行くうちにわかり

やり続けた結果、もはやギャンブルではなくただのボタンを押す、

レバーをひねる作業になった為、そのようなことは

おもしろくない(1日通しでやるとものすごく疲れます。)

めんどくさい(ライバル、軍団に個人で挑むにはまあまあつらい)

そして、嫌いになり、やめれました。

他にもたくさんの嫌いな要素があります。

 

僕のブログではそういった僕が嫌いになった要素を

説明(どのように実践していたのか)と共にお伝えしていきますので興味のある方は

ぜひのぞいてみてください。

 

 

以上

 

パチンコ、パチスロをやめるためには②でした。